FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2018 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Gallaxy_3
Originally uploaded by sleepingute





『イエス 7歳の誕生日

宝瓶宮福音書 第16章
ヨセフの家庭。マリアその子を教える。イエスの祖父母彼のために祝宴を開く。イエスの夢。祖母の判断。誕生の贈り物。

1.ヨセフの家庭はナザレのマーミオン通りにあった。ここでマリアはその子にエリフとサロメの教訓を授けた。
2.そしてイエスは仏陀の賛歌とアベスタ経典を愛したが、何より好んだのは、ダビデの詩篇とソロモンの辛らつな言葉を読むことであった。
3.ユダヤの預言書は彼の愛読書であったが、7歳に達したときには、書中の言葉全てを暗誦してしまったから、読書する必要が無くなった。
4.幼子イエスの祖父母ヨアキム夫妻は、孫のために祝宴を開き、近親一同を招待した。
5.そしてイエスは来客の前に立って言った、「わたしは夢を見た、夢で砂浜の海岸に立っていた。
6.海は波が高く、嵐がふかみで狂っていた。
7.誰かが上からわたしに杖を与えてくれた。わたしはその杖をとって砂に触れた。すると砂粒がことごとく生き物となった。浜辺はみんな美と歌のかたまりとなった。
8.わたしは足許の海水に手を触れた。そうすると、海水が樹木、花弁、吟鳥となり、みんな神を賛美した。
9.するとわたしは誰かと話しをした。話した人は誰か分からないが、わたしは死は無いと言うその声を聞いた。
10.祖母アンナはこの孫を可愛がり、手をイエスの頭に置いて言う、「わたしはおまえが 海辺に立っているのを見た。おまえが砂と波に手を触れるのを見た。わたしはそれが生き物となったのを見て、夢の意味が分かった。
11.人生の海は波高く、嵐は烈しい。人々はみななまけもので、ぼんやりで、のびのびして、浜の死んだ真砂のようである。
12.おまえの杖は真理よ。これで大勢の人に触れると、人々はみんな聖なる光と生命の使者になる。
13.おまえが生命の波に触れると、騒ぎがやみ、風そのものが歌となる。
14.死は無い。真理の杖は乾ききった骨を変じて生き物となし、よどんだ池の水から世にもうるわしい花を咲かせ、不調音この上も無いものを調和の賛歌とするから。」
15.ヨアキムは言った、「きょうおまえは人生行路の7度目の一里塚を通って、7歳となる。この記念日に、何でも欲しいものをおまえにやりたいから、一番 欲しいと思うものを選んでごらん。」
16.イエスは言った、「なんの贈り物もほしくない。わたしはこのままで結構。この日にたくさんの子供たちを喜ばせることができたら、これに越した喜びは無い。
17.今ナザレには飢えた男の子や女の子がどっさりいる。みんな一緒にこのご馳走を食べ、今日の喜びを一緒にしたいでしょうよ。
18.あなたがわたしに下さる一番の贈り物は、わたしがこれから出て行って貧しい子供たちをさがし、ここで一緒に食事をしてよろしいと言ってくださることなのです。」
19.ヨアキムは言った、「結構だ、出て行って貧しい男の子や女の子をさがしてここに連れてくるがいい。これからみんなに十分なだけの食べ物を用意しよう。」
20.イエスは待てずにすぐ 走って行った。町のみすぼらしい小屋やあばら家に入り、無駄な言葉も言わず、いたるところですぐ自分の用向きを告げた。
21.すると時を移さず、百六十名のぼろを身につけた男女の子供たちが、うれしそうにぞろぞろとマーミオン通りにやってきた。
22.子供のお客さんはやってきた。食堂はイエスのお客さんで一杯になった。そしてイエスと母は給仕を手伝った。
23.食事は一同に十分でみんなよろこんで食べた。これでイエスの誕生祝の贈り物は正義の冠であった。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。