FC2ブログ
2018 / 11
≪ 2018 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2018 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の内面を見つめる、といっても、何も無い内面なので、必死に探してはいたけれど、
やっと、ヒントのようなものを得ました。

ひとつは、よる寝る前に、「神のみ胸で眠らせてください」とお願いして眠ると、ぐっすり良く眠れること。
お願いするときに、心の中に 温かい安らいだものを感じます。この温かい安らいだものに意識を集中すればよいのではないか、と思い始めました。

もうひとつは、思考を停止して(世のわずらいを忘れて) 簡単な瞑想ごときことをすると、意識が自分の身体以上に拡大していくのを感じます。そのとき、思考により中断されますが、再び思考を停止し、これを 拡大させていけばよいようです。拡大するときに、心によろこびを感じますが、このよろこびが発散するにまかせておくと、愛もまた発散されるような気がします。

以上については、全く個人感想ですので、そのおつもりで・・・。




内面の静けさに入っていきなさい

自分の内面に求めれば、真理は必ず見つかります。意識を高め、心を静めなさい。自分の存在自体を静めるのです。心、知性、そして魂もです。この静けさの中では、自分の意識が広がっていくのが分かるでしょう。それを広がるままにして、何も制限を加えてはいけません。霊の道に従って生きること。自分のまさに中心点にある霊です。鍵を握っているのは、あなただけです。鍵を開け、扉を開けて中に入ってください。鍵をなくしたら、またそれが見つかるまで扉は閉じたままになってしまいます。あなたのかわりにこれができる人はいないのです。わたしは、内面にいます。純粋な心を持つ者は、私のことを知っていて、わたしとともに歩いてくれます。心を愛とよろこびで満たしてください


神は私にこう語った  ㈱サンマーク出版より

スポンサーサイト

この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。