FC2ブログ
2018 / 11
≪ 2018 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2018 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の雑務にかまけて、ブログの更新が滞りました。
いま、無為自然 という言葉に関心があります。
この言葉の詳しい意味は知りませんが、


自分自身の本質が 愛という存在そのものであることを確信し、
自然に神我(愛)が発露できるように、
自然体(積極的で、好奇心に溢れ、謙虚で、素直な、温かい心)で
生きていくことのような気がします。


以下
『心身の神癒  第1話 ~我は誠蘇りなり、生命なり、すなわち神の愛なり~ 』
より

第1話の祝福(下名が勝手に決めた題目です)

を記載しました。





*=*=平安と愛なんじらと共にあれ=*=*

おお、愛なる久遠の父よ、われら貴神の臨在の中にありて悦び限りなし。われらは貴神が常にわれらと偕に在り、われらまた貴神より離るること能(あた)わざるを知る。

われら貴神の生命と愛とを顕現しつつあり。貴神は、来るべきことに人々を備えさせんがために吾をこの世に送り給いぬ。しかして彼等貴神の天使となり、貴神の愛を又他の者に伝えん。

これぞ生命の悦び。この悦び恒に又恒にわが悦びなるが如く、その如くに彼等のものとならんことを。朝に昼に夕(ゆうべ)にそれが彼等の合い言葉となり、かくて常に平安に在らんことを。

よしや無知の暗貴神の臨在の光を昏まさんとも、彼等を助け給いて『吾は主なり。ありとしあらゆるものを統(す)ぶる権能を与えられたり。』という聖なる真理に開眼せしめ給わんことを。

貴神の平安をわれ彼等の許に遺さん、それは貴神の平安こそは久遠なるが故なり。彼等はそれを求め、それを見出さん。アーメン

スポンサーサイト

この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。