FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2018 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




うろ覚えですが、”アミ小さな宇宙人”シリーズのなかに、重要なものの順位が書いてありました。

1.愛
2.意識
3.理性

の順だったと思います。
理性が一番確実で間違いのないように思えますし、一般社会で通用するものでしょうが、
今までの経験で、理性を働かせるのは意識でありそれを働かせるのは愛である、という思いが
日増しに強くなってきています。

思えば、幼いころから、学校のテスト成績、学歴などで一意にランクづけされた人生でした。
本を読むにしても、ことさら、○○大学の教授とか、幼いころ神童であったとかで信頼して本を読んだりしていました。
理性的な分野では、それは、良い本が多いかもしれませんが、
こと人生的な視点で見ると、
物足りません(ぐっと心に響きません)。

愛から生じた意識を、どのように持っていくかは、自分で選択できますし、各人が各人の権限で決定すべきもので
だれも強制できない不可侵なものです。
ただ、高い意識を持った存在には、頭が下がる思いがします。

意識が創造を行うということの実証という意味では、まだまだ実体験を通じて学ばなければならないと思っていますが、
そのために、常に高い意識をもって 生きていくほうが、失敗があっても、有意義な人生を送れるように思います。

意識を高めるためには、やはり 穏やかな心、温かい心、お役に立たたせていただきたいという情熱が
根本に存在することが、効率的な態度だと思っています。
平安と愛と善意は、全人類の明るい”今”を創る 根本中の根本ではないかと思う今日この頃です。

本日も ご訪問いただきありがとうございました。
皆様方の”今”が 活き活きとした素晴らしい”今” でありますように。

スポンサーサイト

【】
仰る通りですね・・・・・。

人様に愛情を投げかけたり・・・困った時は共にいてあげたり・・・自分の事等横において、解決に向けて動いたり・・・・そんな自分を周りは馬鹿が付くお人よしだと(笑)それでも、自分がそうしたいから・・でした。

様々な味わいは、決して喜びに変わるものばかりではなかったけれど、自分の中で多くのことを学び、
そして、自分自身を創って頂いていたと思うのです・・今もなお・・・・。

幸せを届けて下さると、いつも胸キュンです(笑)

悲し涙は、何処かに行ってしまったようですが、嬉し涙は、健全です(笑)

大いなる愛は、いつもいつも共にある事を心に置いて、穏やかな自分で在りたいと、心と話してます。

いつも、素直なままでいたいなって、思っています。

いつもありがとうございます。




【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【Re: タイトルなし】

> 人様に愛情を投げかけたり・・・困った時は共にいてあげたり・・・自分の事等横において、解決に向けて動いたり・・・・。そんな自分を周りは馬鹿が付くお人よしだと(笑)それでも、自分がそうしたいから・・でした。

何か、宮沢賢治さんの ”雨にも負けず・・・”とダブったイメージで読ませていただきました。
とても、素晴らしい生き方をなさっているので、でうらやましいです。

それにしても、魂が今生で達成したいと思っていることは
真摯で妥協のない活き活きとしたものでしょうが
それに比べ、半ば眠っている夢遊病者のような自分自身に呆然となりそうです。
この肉体を神様からお預かりしている間、最善を尽くしたいと思ってはいます。

ご訪問とコメントに感謝申し上げます。ありがとうございました。


【こんにちわ】
この本私の大好きな本の一つです。
愛の大切さをたくさん学びました。

また読もうかなと思います。
【Re: こんにちわ】
> この本私の大好きな本の一つです。
> 愛の大切さをたくさん学びました。
>
> また読もうかなと思います。

本当に良い本ですね。
中身も、本物と思っていますし、このような本を読むと、心が安らぎます。

アミのお母さんの言葉に
『現実を、真実を、そして愛をいつも維持するように。
子供のように無邪気でいること、でも軽率ではなく用心深くね。
”足は大地に、理想は高く、心には愛を”

という言葉がありましたが、
これなども、子供たちと共有したい言葉だと思います。

いつも ご訪問とコメントをいただき
ありがとうございますた。
この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。