FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2018 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Holding the Sun at Siani

昔の話ですが、

病気で死を覚悟した時、残されたわずかな時間の一瞬一瞬が愛おしく感じたものでした。

朝のすがすがしい空気、暖かな太陽の光の下、一歩一歩を踏みしめて歩く時の素晴らしさ、鳥の幸せなさえずり、道端のかわいい花たち、その全てが ”今”を輝かせていました。

そして、とても大きな舞台に立っているような精神の高揚を感じたものでした。



”今”を、何気なく過ごすのは、なんと もったいないことでしょう。

あらゆる瞬間を楽しみ、今という瞬間に生きる。

久遠にして常在なる、『生々として水々しく生きているもの』

を 全身で感じる そうゆう生き方ができるように わたしはなりたい。
(宮沢賢治風になりました(笑))


本日もご訪問いただきありがとうございました。
”平安と愛と善意” の祝福をみな様とともに。

スポンサーサイト

【】
おはようございます。

すごく、辛かった時、悲しかった時、どうしようもない心の時こそ、
人は、とてつもなく優しくなれる事を味わいました。
そして、すべてが新鮮に見えて、感じて、
道路の木々さえも、光り輝いているように見えて、
何度も、目を閉じ、又開けて、確認しました。
「大丈夫!明るく生きてね?」と言ってるように感じ、
大いなる愛は隅々なんだと感じました。
何とも言えない、喜びに変わった事を思い出しました。

日々はとても速いスピードで流れて行く感じですが、
大いなる愛を感じ、心穏やかに過ごしたいです。

今と言う一瞬も、活き活きと在れる様に努力します。

ありがとうございます。




【Re: タイトルなし】
マコ様

次の日になってしまいましたが、おはようございます。

”「大丈夫!明るく生きてね?」と言ってるように感じ、
大いなる愛は隅々なんだと感じました。
何とも言えない、喜びに変わった事を思い出しました。 ”

私の心に去来した言葉は、「鋼のように強くなれ」という言葉でした。
現生の執着を離れ、本源に戻れ、ということと思います。
そして、私も何とも言えない透明な喜びに包まれたことを
思い出しています。

NHKの番組で 戦争体験者の体験談を放映していましたが、
戦闘と飢えと病の中で、決して人に語れないような話が
苦悩の表情で語られていました。
勝手な解釈ですが、余命の短さを感じられ、
後世の人々のために、絞り出すように語っていただいた貴重な言葉でした。

また、東北の大地震と原子力発電所の事故で、
多くの方が家族や家を失い、未来の健康への不安を抱えながら
懸命に生きておられる。

そして、また、飽食の時代に餓死している多くの同胞や子供たち

このようなことを考えると、
わたくし自身の身近な環境で、最善のことを 行うしかないな
と 思うこのごろです。

ご訪問とコメントに感謝申し上げます。

寒くなりました。ご自愛いただきますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。
この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。