FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2018 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



キリストのヨーガ前編 第3章




大師は語る。「彼等は迷妄を見抜くことが出来ない。その中に捕らわれているからである。彼等は自分の偏見、信仰、他の人の言うこと、によって影響され、自己限定している。

彼等は真実でないものを弁別する創造的能力が自分たちにあることを見落としてしまった。迷妄に関する唯一の真理は、それが迷妄であるということである。彼等がそのことを悟り、自分が迷妄の擒(とりこ)となるに至った過程を理解するまでは依然として迷妄の中に擒のままでいるであろう。」今や大師は師家(しけ)としての役に就かれたのである。

「吾が子よ、このことをはっきりと把んで欲しい。」とかれは私を見詰めながらいった。「さもないと、君は真理を徹見したいと望みながら、実は迷妄を懐(いだ)くこととなるであろう。そのような状態で真理を知り得るわけはない。まず第一に、何であろうと君がそれを信ずるに至った過程、何で自分はそれを信じ込むようになったのか、と言うことを徹見しなければならない。

そうすれば、他の信仰や観念・思想や人々に自分が敵対するようになったそもそもの原因が何なのかが見抜けるであろう。もし君が君自身の意見で自己限定したままでここへ来たのであればその自己限定を通してだけ物事を見るようになるであろう。併しまたもし君が君自身の自己限定から解脱しておれば、君は吾々の影響からも解脱して吾々を見ることが出来る。

その時君は、君に対する私の見方のように、一切の形態、国籍、宗派、信条なんかを剥(は)ぎ取って私を見るようになるであろう。その時、吾々はお互いに同じ質料、同じ生命から、吾々の創造主に肖せて造られ、全く同一の神の意識を持つことを知るであろう。

何故ならば、神はその本性において無限なる故に何らの分離もありえず、実在(あ)るのはただ神のみであり、その他に実在ありうるものはなく、これこそが吾々の本質〔実相〕だからである。」私はホッと溜息をついた。ああ、此処に人皆すべて同胞であり、神なる父を同じとする秘儀があったのである。この無量甚深微妙(じんじんみみょう)の法を師はかくも短い言葉で言い現している。





本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
平安と愛と善意のご挨拶を、祝福された方々に送らせていただきます。

スポンサーサイト

この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。