FC2ブログ
2018 / 11
≪ 2018 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2018 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイトの表示に切り替わるほど ご無沙汰しておりました。

いろいろなことがあって 意気消沈しそうな今日この頃でしたが、
師匠である 「神我」様に さて どうしたらよいか教えてくださいと念じ、
エイヤ と心身の神癒を開いたところ
開いたページです。

意気消沈していたのは、エゴの牢獄内で苦しんでいたからですが(これがなかなか抜けきれないのです)、
あまりにもピッタリな師匠の御教えに感謝と癒しを感じました。

師匠といっても、勝手に弟子にしてくださいとお願いしただけで、でも、なんとなく弟子のいちばん隅に加えていただいているような気がしているだけですが。もちろんどなたでも、弟子にしていただけるとは思います。

以下に その御教えを 記載させていただきます。


心身の神癒 13話

94 愛はあらゆる力ではあるが、謙譲(へりくだり)りである。愛は空虚な誇示をすることなく、その業蹟を誇ることもない。

95 愛に決して失敗はない、愛は神であり、神は愛であるからである。

96 あなたたちの胸(ハート)が愛の胸とともに膊動するならば、愛の聖なる流れがあなたたちの胸に流れ入る。平安があなたたちの心に入り来り、あなたたちの魂は天にましますわれわれの父の真性を放射するようになる。

97 わたしは愛なる吾が父に語るのが楽しみである。父の愛はあらゆる恐れを駆逐(くちく)する。あなたたちの胸に父の愛があれば、いかなる害も近づくことはできない。では平安なるがよい、そしてわたしがあなたたちと偕(とも)なるを知るがよい。

98 愛は常に裡(うち)にあり、あなたたちを取り囲んでいる親切なる闇の中に住んでいる。

99 この闇を恐れてはならぬ。わたしは闇に打ち勝つ光だからである。しかし闇は光を理解しない。光りのみが理解するからである。

100 闇とは心の中の影である。しかしその影を通しその影によって神我(キリスト)は力と栄光との中に咲き出るのである。この力を自覚せよ、そうすればあらゆる〔悪しき〕状態はあなたたちより過ぎて逝(ゆ)く。もろもろの責任やいかなる仕事からも、たとえそれが十字架であろうとも、尻込みしてはならぬ。克服することによってあなたたちは〔神我を〕展開することに歓喜を見出すであろう、あなたたちは自分が闇に打ち勝つ世の光であることを知るからである。

101 理解するのは光である。闇は理解しない。光あるところ、闇は消える。

102 裡なる神我(キリスト)に栄養を求めるものは強くなる。それは何ものも外部から攻撃することのできない真理という岩の上に建てられた家である。

103 あなたたちの中に宿っているわたしの沈黙の愛を求めよ。すべてのものを愛せよ、すべてのものを愛を以て祝福せよ。そうすればわたしはあなたたちをその百倍も祝福しよう。

104 あなたたちが愛を以て祝福する時、わたしはあなたたちの中にあって歓喜ぶからである。あなたたちが愛する時わたしはあなたたちの中で働いており、あなたたちの傍にいる。わたしは愛だからである。

105 あなたたちの愛に対して利得や報酬を求めてはならない。又あなたたちの愛を人々の前で見せびらかしてはならない。ひそかに愛を為せ。人を喜ばすためではなく、神の愛のために、手の届く限りのことをすべて為せ。

106 あなたたちは未来であり、過去であり、現在である。このことは今すぐ学び知るがよい。そうすればわたしはあなたたちの中で今働くことができる。そうすれば、真実でないものはすべて元の古巣の奈落に急転落下するであろう。

107 〔かくて〕あなたたちはすべて、この業(わざ)を為すのにふさわしい本来の在るべき処に納まったのである。あなたたちが神我と共に活動しておれば神に失敗はありえない、あなたたちはわたしの実を結ぶ葡萄(ぶどう)の樹の枝であるからである。

 では聖所の中に入ろう。わたしに向かっているがよい。

           沈   黙

わたしの平安、わたしの愛をあなたたちの許に留め、永続させる。

      ――――――――――――

書記のことば
沈黙が続いている間、美しい紫の光が講堂に満ち、主が去り給う時、言葉では云い現しえない愛と平安とが感じられたことであった。 




本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

平安と愛と善意のご挨拶をさせていただきます。
スポンサーサイト

【イヨッ!待ってました…放蕩息子?・・‼】
 いつでも、誰にでも『謙虚』でいられる・・・これは私にとって『難題』です。 神さまに『私を妹・子にしてください!』と、本気で そうお願いしたのは つい最近の事ですから。 だからつい『エラそうな事言ったり、思ったりして』しょっちゅう叱られている(ひっぱたかれている!)のを感じて生きています。
 あなたは『素晴らしく優しい 放蕩息子さん』ですね。『大きな文字』で(それが出来る事を発見しました)私たちに『祝福』を伝えて下さっている・・・
 私、毎朝、ベッドで鉛筆で線を引きながら『小さな文字』を拾っていたのですが・・・ ホント大変なんだから…この歳になると! でも・・私『おばあさん』にはなりません。、いつまでたっても『おばさん』です。横断歩道(うんにゃ とっとと)の前で元気に『旗』を振り続けますからね‼  そして・・・ 
  私も『御教え』のように『すべての放蕩息子』を愛して生きていけたらいいな と思います。もしかしたら、今は『親切なる闇』を創造してくれているのかもしれない。私たちに大切な何かを思い出させるために!?
 『あんたが闇を造っているんだよ! 見えないんだよ、大事なところが・・・』
   誰か私の後ろで何か言った?・・・‼
『うんにゃ とっとと』は誰でも 何時でも『タダ』で見られますよ。だから、後ろから押さないでね・・・この本(心身の神癒)は 今は結構高価だし入手しにくいのです。
 『きいたかぽん』さん!あなたは『親切なる!?光』です!
  今日はあなたを 真っ先に『祝福します!』
  『とんちんかんな・わたし・文でごめんなさい』                      
 スペースがどこまであるのか・・・今・・実験中ですが…よくわかりません!?・・・今日はこれにて・・失礼します・・・慣れなくてごめんなさい!       文字数の制限がよくわかりません!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
【Re: イヨッ!待ってました…放蕩息子?・・‼】
みどりのおばさん
コメントありがとうございます。
わたくしも、みどりのおばさんのように、いつも誰にでも謙虚であることはできません。ついつい、その人を別の人格だと思うからです。全く同じ神我が宿り別の人生を体験しているということを忘れてしまうからです。でも、少しずつでも成長していくものでしょうから、反省もありまた無理やり背伸びをしても仕方ないかな、とも思います。

放蕩息子は神我に目覚めたときにだれでも感じるもので、人と人との関係というより、神と本人との関係であるような気もします。

FC2の文字数制限ですが、
『28KBはそのまま1024を掛ければByteになるので128×1024=131,072Byte

131,072÷2=65,536(文字)
(容量÷1文字あたりの容量=文字数)

という記事が検索にかかりました。文字数制限はあまり気にしなくてもいいようです。                                                             『祝福』ありがとうございます。嬉しいです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
【】
ご無沙汰ばかりで、ごめんなさい。

そうですね・・・。
神様に謙虚であれば、学びも多く、大きいです。

対人に於いても、様々な姿や言葉に反応したり、
批する思いが出たり・・・。
でも、学ばせていただく気持ちに変えれば、
騒いだり、動いたり、動揺する己が見えて、
未熟さを知ります。

何と共に生きているのか?居たいのか?
自分に問いながら・・・立ち直り・・です。

いつもありがとうございます。
【Re: タイトルなし】
マコ 様

コメントありがとうございます。何か、ほっとするものを感じます。

コメントをいただいたように、ついつい外側ばかり気にして自分の立ち位置を見失ったようです。

未熟さを痛感しています。

立ち位置を元にもどして、

「あなたたちが完全にわたしに回心し、あなたたち自身を完全にわたしに与えるならば・・・」

(心身の神癒 8-75)

立ち直りです。

ありがとうございました。

この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。