FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2018 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご訪問いただいて ありがとうございます。

人間は神の器である、という言葉がありますが、この意味がよくわからなくて、
しばらく過ごしていました。

器と言ったら 「静的」な置き物の様に思えますが、どうもそうではなく、

個別化した活気凛々たるエネルギーが電磁波によって閉じ込められているようなもので、

電磁波がなくなれば、もとの大エネルギーの元に戻るようなものと思います。

もちろん、大エネルギーとは、神ですし、電磁波も大エネルギー(神)の別の現れですし、

エネルギー自体も大エネルギー(神)の別の現れです。

心身の神癒に 器について 下記の様な記述があります。



35 あなたたちは心の中でわたしを及ぶべからざるものと考えてきた。しかし、わた

しはあなたたちの胸(ハート)の密室の中に生きており、そのわたしに気付くよう絶え

ず促してきているのである。

36 これこそが人間家族の中に宿された神我(キリスト)、すべての嬰児(みどりご

)の中に宿された神我である。それが久遠にして、いわゆる「死」の後も生きている神

我である。それが久遠に生きるあなたたちの裡なる神我である。

37 もろもろの河が流れては大地に生気を与えるようにも、あなたたちはかの永遠の

生命の流れを外部へと放流することができるのである。見えざる霊的質料のみが本質で

あり、かつ又あなたたちのめいめいの今の生活の中において現し得る唯一の実在である



38 あなたたちの意識はその反映である。物質界すなわち形而下の世界におけるあな

たたちの意識は、御自身を表現しつつあるこの久遠生命の反映である。この生命を自覚

すればする程それはあなたたちにとってより一層現実的なものとなってくる。

39 かくて頭脳、神経系統及び肉体がそれで満たされる。それは心の波動を地上に於

ける生存を超えた域にまで高める。然り、やがてそれは体(*3)を変質して完全なる

器とならしめるのである。本来「聖なるもの」こそが唯一の実在であるからである。

40 あらゆる機会を利用してあなたたちの知るところのものを現すがよい。あなたた

ちの愛を注ぎ、すべての兄弟姉妹を祝福せよ、そうすれば、人の胸(ハート)と生命と

の中に湧き上がる愛の洋(わだつみ)の濤(おおなみ)によってすべての距たりが洗い

流されるであろう。

このような愛をもって一人の兄弟一人の姉妹を祝福するならば、あなたたちの実存の中

へ、そして又実存の中より外へ、神我(キリスト)の生命と愛とが流れるであろう。




心身の神癒の訳者注を参照すると 「器」とは
「肉体、幽体(複体)、霊体(感情体)、下級精神体、上級精神体[他四種]
等を含む。いずれも神我の器に過ぎぬ。


ということらしい。

さて、この器はなんのためにあるのでしょうか?

それは、神我を顕現するための様です。

神我を器を使って顕現する状態とはどのような状態でしょうか?


ヨガ行法中伝に以下のような記述があります。


天地創造の神、わが衷(うち)にいます
彼はわが眼を通して、
宇宙の実相を照覧し給う。

天地創造の神、わが衷(うち)にいます
彼はわが耳を通して、
宇宙の響きに傾聴し給う。

天地創造の神、わが衷(うち)にいます
彼はわが心を通して、
宇宙の思想を考察し給う。

天地創造の神、わが衷(うち)にいます
彼はわが咽喉を通して、
宇宙の響きに発声し給う。

おお、神よ、
わが咽喉を潔め給え

天地創造の神、わが衷(うち)にいます
彼はわが手を通して、
宇宙の聖業に従事し給う。

天地創造の神、わが衷(うち)にいます
彼はわが足を通して、
宇宙の公道を闊歩し給う。

天地創造の神、わが衷(うち)にいます
彼はわが全身を通して、
神自身の聖姿を顕現し給う。

天地創造の神と
われとは一体である。

天地創造の神の如く、
われは完全である。
我れ自らそれを信じ、
また感じている。

我は完全なる身体に宿る
完全なる心霊である。

我は「在りて有る者なり」と感じる通り
我は「在りて有る者」なのである。

オーム・マニ・パドミ・ハム



このように、神がこの器(人間)で お自分を表現されているようです。


心身の神癒で「器」と書かれている部分をピックアップしてみました。

秋の夜長、時間のある方はご参考までに・・・。



第1話
「9 銘記するがよい、この〔神性という〕強大なる力があなたたちの中で展開しよう

として待機している。あなたたちはその力が造り成した器であり、あなたたちの魂はそ

の力が流れるための器なのである。このことを自覚することが神人となる秘密である。

31 全宇宙の中一粒子たりとも死んでいるものはいない。一切の粒子は神の中に在っ

て生きているのである。あらゆる粒子が移り変わりつつあっても、それさえも大生命の

生きた表現なのである。これらすべての〔現象の〕下にある基本原理が、中心なる愛の

泉より細微の被造物に至るまで流れてやまぬ愛の力なのである。

32 あなたたちの感官に支配された心は真理像(ビジョン)、すなわち本来神性なる

ものは又完全無欠であるとの真理像を、これまで兎角曇らし或いは蔽うてきたものであ

る。

33 しかし今やあなたたちは至高者(いとたかきもの)の秘所にあり、至高者はあな

たたちの目よりすべての涙を拭い去り給うであろう。その故に、もはや死はなく、何ら

の苦しみもないであろう、これらのものは過ぎ逝くからである。

34 『わたしはアルファにしてオメガ(*2)、始めにして終わりである。わたしは渇

く者に生ける水の泉を惜しみなく与える。わたし自らが始めにして終わりである。わた

しはもろもろの予言者が語った者であり、あなたたち一人々々の中に在る神我(キリス

ト)である。わたしたちの間には何ら分離はないのである。しかるにあなたたちはわた

しをあなたたちの届かない遙か彼方に祭り上げてしまった。

35 あなたたちは心の中でわたしを及ぶべからざるものと考えてきた。しかし、わた

しはあなたたちの胸(ハート)の密室の中に生きており、そのわたしに気付くよう絶え

ず促してきているのである。

36 これこそが人間家族の中に宿された神我(キリスト)、すべての嬰児(みどりご

)の中に宿された神我である。それが久遠にして、いわゆる「死」の後も生きている神

我である。それが久遠に生きるあなたたちの裡なる神我である。

37 もろもろの河が流れては大地に生気を与えるようにも、あなたたちはかの永遠の

生命の流れを外部へと放流することができるのである。見えざる霊的質料のみが本質で

あり、かつ又あなたたちのめいめいの今の生活の中において現し得る唯一の実在である



38 あなたたちの意識はその反映である。物質界すなわち形而下の世界におけるあな

たたちの意識は、御自身を表現しつつあるこの久遠生命の反映である。この生命を自覚

すればする程それはあなたたちにとってより一層現実的なものとなってくる。

39 かくて頭脳、神経系統及び肉体がそれで満たされる。それは心の波動を地上に於

ける生存を超えた域にまで高める。然り、やがてそれは体(*3)を変質して完全なる

器とならしめるのである。本来「聖なるも
の」こそが唯一の実在であるからである。

40 あらゆる機会を利用してあなたたちの知るところのものを現すがよい。あなたた

ちの愛を注ぎ、すべての兄弟姉妹を祝福せよ、そうすれば、人の胸(ハート)と生命と

の中に湧き上がる愛の洋(わだつみ)の濤(おおなみ)によってすべての距たりが洗い

流されるであろう。

このような愛をもって一人の兄弟一人の姉妹を祝福するならば、あなたたちの実存の中

へ、そして又実存の中より外へ、神我(キリスト)の生命と愛とが流れるであろう。

97 苦悩に陥った時父なる神に見捨てられたと思ってはならない。神はあなたを一層

完全とならしめ給いつつあるのであり、神御自身の創造力を現しうるより完全なる器と

なし給いつつあるのである。

98 無知それ自身には何ら独自の原理はない、丁度誤謬(あやまち)に何らの原理が

ないように。数学には原理があるが、誤謬には何らの原理もない、なぜなら誤謬は訂正

されれば消え去ってしまうからである。従って無知と誤謬には何ら独自の力のないこと

が分かる。

99 予言者〔ソロモン〕は箴言(しんげん)〔旧約聖書二十四章十三節〕にこう書い

ている、『わが子よ、この蜜を喰(しょく)せよ、そは良きものなり。又この蜂の巣の

滴瀝(したたり)を喰せよ、そは汝の口に甘し。智慧もこれを入手せんか汝の魂にかく

のごとくあるべし。これを得ば必ず報いありて汝の望み断たる、ことなけん。』

100 愛は、学のある者ない者賢い者、愚かなる者のいかんを問わず、すべての人の用

いうる隠し香料である。それはあらゆる言葉を語り、魂の安息所である。

101 あなたたちが世に在って占める地位は何ら重要ではない。あなたたちにとって最

も重大なことは、神御自らの真の現れである神の愛を受けかつ与える能力である。

98 無知それ自身には何ら独自の原理はない、丁度誤謬(あやまち)に何らの原理が

ないように。数学には原理があるが、誤謬には何らの原理もない、なぜなら誤謬は訂正

されれば消え去ってしまうからである。従って無知と誤謬には何ら独自の力のないこと

が分かる。

99 予言者〔ソロモン〕は箴言(しんげん)〔旧約聖書二十四章十三節〕にこう書い

ている、『わが子よ、この蜜を喰(しょく)せよ、そは良きものなり。又この蜂の巣の

滴瀝(したたり)を喰せよ、そは汝の口に甘し。智慧もこれを入手せんか汝の魂にかく

のごとくあるべし。これを得ば必ず報いありて汝の望み断たる、ことなけん。』

100 愛は、学のある者ない者賢い者、愚かなる者のいかんを問わず、すべての人の用

いうる隠し香料である。それはあらゆる言葉を語り、魂の安息所である。

101 あなたたちが世に在って占める地位は何ら重要ではない。あなたたちにとって最

も重大なことは、神御自らの真の現れである神の愛を受けかつ与える能力である。

102 神はみ霊にしてみ霊は生命である。生命は愛にして、愛はありとしあらゆるもの

の中にある生かす力であり、あらゆるものの中にある調和である。ではわれわれが神意

識に達したければ、愛の中にあって〔すなわち、自分が愛そのものになって〕礼拝しな

ければならない。

103 偶像や肖像(にすがた)は心の中にある象徴にすぎない。そんなものより得ると

ころは殆どない。われわれは神の愛を知り且つ現さなければならないのである。キリス

トは神のみ霊であり、愛によって天と地とにおける一切の力を与えられているのである



104 人々は二千年前におきた「イエスの」癒しに神秘の思いを抱いているが、現在あ

なたたちの間でおきている癒しと殆ど変わりはないのである。只ひとつ変わっているこ

とは、「神癒の媒体として」使われているのが〔イエスとは〕別の人物の場合もありう

るという事実である。しかし癒すのは同一の神我である。

105 真実なるものが愛の原理である。神は積極的、創造的、かつ至純なる想念によっ

て宇宙を創造り給うた。宇宙は神の本性たる『愛』の表現(あらわれ)である。この神

性エネルギー〔愛〕こそは、われわれを御自身に肖せて創造り給うた神にわれわれを固

く結びつける久遠の環である。

106 こうして人類は愛の表現の器となる。これこそが真の生活学である。




第6話
「52 この同胞(きょうだい)〔著者〕の意識が果敢(はか)なき感官を超え、肉体

の感官を超えて、内界の意識にまで高揚されているのに注目するがよい。彼の意識は〔

わたしの〕意識に繋がれ、それから脳や肉体を音響板のように使って彼の肉体に移し戻

される。


53 この課程が進行している間中彼は事の推移一切を意識しているのであるが、わた

しの神懸(オーヴァシャドーイング)かりによる想念伝送が終わると、それまでの出来

事一切についての意識を失い、彼の背後に仕掛けられたテープ・レコーダーで改めて聞

き直して始めて解るようになるのである。

54 もしこの同胞が瞑想し、静かに座って彼自身の意識の内界に再び入るならば、一

切がそこに刻印されているのを発見するであろう、そしてわたしが伝えたものを全部再

現することができるのである。この連続講話の後、彼は今迄以上に真理示現の大いなる

器となるのであるが、それはこの為なのである。


第7話

6 天啓はみ霊から来る一種の力である。それは独自の径路(チャンネル)を通して自

己を表現するのであるが、その際、器(うつわ)〔となる媒体〕の特殊の性質に応じて

その型に嵌(は)め直される場合が屡々(しばしば)ある。〔しかし、あなたたちの面

前で〕今この瞬間に起きつつあるような霊的本源から〔直接〕来る純粋な形の天啓もあ

る。この場合、〔天啓(インスピレーション)は〕内界に宿る霊的力〔すなわち神の分

霊、神我〕の意識が使用している器〔媒体〕の内なる意識を通して現れているのである

。この方法は場合によっては聖書に出てくる予言者達によって用いられることもあった


11 書物や言葉や文字など、すべてそれ自身としての価値はゼロである。み霊が〔そ

の人の〕思念を不可視のものに繋ぎ、かくて五官の世界を貫き通す手段として言葉を用

いた時始めてそれらのものに価値が生ずるのである。

12 かくして言葉は大いなる値の真珠を内に秘めている外側の殻に過ぎない。あなた

たちが或る言葉を自分の心の中に取り入れて、例えば『神我(キリスト)』、『わたし

は生命である』という言葉を口に出して云うならば、その言葉は一応肉体の器官を通し

て出るのではあるが、それを〔肉体、器官を使用しての単なる物理的振動現象に終わら

せることなく〕久遠常在の霊的状態に高めることができるのである。

13 従って、いわゆる聖なる書を読む際、あなたたちは〔聖書にある〕言葉を使用し

てそれを高めることができるのである。五感の目で見、五感の心を通して読むのではあ

るが、本有(ほんぬ)〔先天的にもっている〕のみ霊の力によって、それらの言葉を肉

我の理解を絶した或る霊的状態に高めるようになる。

14 聖書は生命の法則を教え、生命の法則を正しく用いさせるために、み霊の導きに

より天啓(インスピレーション)によって書かれたものである。



第12話

21 人間の心があらゆる物事を判別する点まで到達し、心の裡なる最高所に達した時

、始めてそれは心を悉皆(すべて)より引き離していた幕(ヴエール)を貫いて、神我

の完全なる悟りの中に入る。そしてわたしがあなたたちに、「あなたが今知っているの

は何か」と聞けば、あなたたちは、「わたしの知っているのは神我のみです、神我こそ

は全ての全てです」と答える。

22 人間の心が神我力の顕現しうる器(うつわ)になった時、人間の心は真に知慧あ

るものとなる。ありとしあらゆるものに対する智慧に基く理解というものがある。それ

によってすべては新しく創造(つく)られるのである。すべてのものが新しく創造され

るのはこの力による。

23 これがあなたたちの裡に植えつけられた力であり、それは心があらゆる制約され

た信仰や観念(かんがえ)から解脱した時に出てくる。心より分離観がなくなったとき

、真の智慧は働き始める。このことが本当に解ったとき、あなたたちが自分で勝手に造

つた牢獄からの解放が実現する。

24 これが、「一切の直接知」からあなたたちを引き離している幕を貫通した結果で

ある。



33 あなたたちは、父があらゆる栄光と力との中に御自身を顕現しうるという真理を

認識した上で、全面的にわたしに献身するがよい。そうすれば心はこの巨大なる力を現

す器(うつわ)となる。しかしその前に心は崇敬に満ち、愛に満ちていなければならな

い。するとあなたたちは日常生活より過去、現在ともに無き「臨在」における栄光の中

へと昇華する。その時この巨大なる力があなたたちにとって現実のものとなるのである






本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

平安と愛と善意のご挨拶を送らせていただきます。

スポンサーサイト

【器の大きい人 ‼ …は すごい】
『第12話 21  人間の心があらゆる物事を判別する点まで到達し 心の裡なる最高所に達した時…』の箇所を読むたびにいつも思っています・・・少しでもそこに近付きたい…と‼
 そして、その 遥か彼方にある山頂を目指し『心身の神癒』を杖に 一歩一歩登っています。 今、自分がどの辺りにいるのかさえ さっぱり分かりませんが『不安』という気持ちは 今は全くありません。

さて『アミ小さな宇宙人』を読んでから『宇宙人』に興味を持ってしまった私は 先日『バシャ―ル的 なんとかさん!』(4回宇宙人と出会い 5次元の世界に行ってきた‼…そうだ)
『その方』の『お話会』に参加する機会がありました。その話の信憑性は『判別』する事ができたみたい・・・  『神の助け』もあって‼
いずれにせよ…出会った全ての人を『祝福』して…

夫と二人で『もう 私達の準備はできたよ‼』と 宇宙に向かって想いを馳せながら帰って来ました。
『分離させる考えは・神ではない』『嘘も方便・・・それも愛!?』『信じてる事が現実となる!?』
  そんなに 世の中 甘くない!?

 大きな台風が向ってきていると聞いても『神を信じていれば大丈夫‼』…そう『この本』に書いてある! 『絶対…ずっと目の中にいるよう感じになる!』
と、言い放った私‼

夫は『備えあれば憂いなし・人事を尽くして天命を待つ』のが好きみたい。
そんな考え方では…  『ペテロ』と同じ事になる!…

『浮き輪』を持っていなければ…やはり『浪の上』は歩けないの!?
夫の『周到な用意』があっても!?…
 当地は お蔭様で 19号台風は 穏やかに通り過ぎて行ってくれました。
【Re: 器の大きい人 ‼ …は すごい】
みどり 小母さん

コメントありがとうございました。

第12話 21のヒントになるかどうかわかりませんが、

心身の神癒と同じ著者(M・マグドナルド・ベイン)の「『キリストのヨーガ』―解脱の真理・完結編―~第十七章~ 聖なる交霊会―聖アンソニーの降臨
」の中に下記の様な記述があります。


「・・・真理は生命――愛である。愛は心が過ぎ去りしもの――古きものより解き放たれた時に発現する。愛は常に新しい。君は、過ぎ去りしもの――古きものを正見した時初めて、新しきものを迎えることができる。

その時、過ぎ去りしもの――古きものは消え去る。ゆえに、新しきものに出会うのに、

古きものをもってしてはならない。さもなければ、それは古きものの単なる投影でしか

ならない。しかし、古きものが記憶、体験であること、およびそれは決して新しくはな

り得ないことに気づいた時に、君は正知(しょうち)したのである。正知して初めて、

新しきものに出会い、古きものが決して新しきものとはなり得ないことを知る。新しき

ものは常に新しく、決して古くはならない。

「それが真理である。それが愛である。なぜなら、それは(空疎(くうそ)ならざる〔

補訳〕)本物(リアル)だからである。ゆえに、新しきものが唯一の本物であり、古き

ものとは、数々の記憶、体験であり、それが君にしばしば条件反射を起こさせるのであ

る。

「真の霊癒(スピリチュアルヒーリング)は、君が古きものより解き放たれた時にでき

る。なぜなら、霊癒は常に新鮮だからである。わたしの言うことが分かるかね(10)

?」

「はい、分かります。大霊は常に臨在しておられ、常に新しく、決して古くはなりませ

ん。大霊は常に更新いたします。大霊の更新は瞬間より瞬間に行われ、そこには何らの

病も死も、過去も未来もありません。そこにあるのは『今』だけであり、『今』は常に

新しくあります。その中において、初めて本当の天啓(インスピレーション)をわたし

は得ます。その天啓は過去や記憶の結果ではありません」

「友よ、その通りだ。確かに君はよく理解している。これだけ理解している以上、君の

仕事は世界に対してより大いなる価値あるものとなるであろう。それにまた、世界を変

性させるために、君とともに働いているわれわれにとっても、大いなる価値あるものと

なるであろう。

「君なら、自分の読んだものを単に繰り返すだけのことはしないであろう。今日の世界

におけるたいていの教師たちは、さまざまのレコードをかける蓄音器である。しかし、

君は音楽家であると同時に音楽でなければならない。そうあって初めて君は創造するの

である」



バシャールさんのことはあまり知りませんが、you tube などで時々拝見します。



台風も最近は強くなりましたね。TVの解説でも、今までと違う地球環境だと言っていましたが、大型で強い台風が多い気がします。
実は、わたくしも「風」さんに穏やかに吹くようお願いしました。


ありがとうございました。
【『器の大きい人』に出会えました】
 準備ができた時に『師』が現れる…を信じて今まで生きてきましたが・・その通りになったみたいです。11月19日に その方の『弟子』にして頂きました。そして、有り得ないような事が起こり始めました。
 奥様と一緒に翻訳をなさっている方(そうです、その方です)の『お姉さま』で『ヨガの先生』として私の前に現れました。
 その夜から イエス様に感謝を込めて『心身の神癒』の音声化を始めました。
 少しずつですが…『忘備録として』 そして、それを聴きながら 毎日眠りについています。   いい感じです。
 私、以前『視覚障碍者』のための『録音図書』のボランティアをしていた事があるんですよ。
 
どんな事が起こったのかは、もし、『きいたかぽん』様に、お目にかかれる事があれば お話しできると思います。とてもここに載せられる話ではないのです。
それに… 長くなりすぎて『本』になってしまう… 
  
  会いたいな…会いたいな…会いたいな…
【Re: 『器の大きい人』に出会えました】
みどり 小母さま

お便りありがとうございました。文面から、『師』との出会いの喜びに小躍りしているような印象を受けました、わたくしも嬉しく感じ微笑んでいます。

キリストのヨーガという本の『◆◆◆はしがき』に
『音読し、あたかも他の人が音読していて、それになんら抵抗することなく、偏見も抱くことこそ、ひたすらに聴き入るがごとくに聴き入ることが大事である。こうして初めて心はあらゆる対立物や信仰や虚構を纏った自分自身を知ることができる。わたしが今言おうとしていることは、自由すなわち解脱への道、すなわちキリスト・ヨーガに目覚めようとしているあなたにとって、きわめて重大なことである。』

ということが書いてありますので、わたくしの場合は、できるだけ音読するように試みてはいますが、録音したものを聞くのはいいアイデアですね。

『会いたいな』とおっしゃっていただいてとても光栄です、いずれ機が熟すればお会いすることもあるかも分かりませんね。

平安と愛と善意のご挨拶を送らせていただきます。

ありがとうございました
この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。