FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2018 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様、お久しゅうございます。

寒くなりましたね。


人間は「神の器」 ということは分かったけれども、では、具体的にどうすればよいかということを考えていました。

わたくしの感じた結論から申し上げれば
「わたくし自身が 「神の器」であることをさらに徹底的に自覚する以外にはない」
と思いに至りました。

「みどり 小母」様からヒントをいただきまして、 
心身の神癒を音声レコーダに録音して、聴こうと思います。

また、瞑想も一年ぐらいやってみようと思います。



心身の神癒の関連部分を下記します。



『心身の神癒』

第3話(TALK 3)

キリストは汝の内なる生命なり(CHRIST IS THE LIFE IN YOU)



44 神は御自身を分離されはしない。神は御自身の中に、御自身の肖姿(にすがた)を創造(つく)り給う。これがあらゆる人の裡にある光りである。

45 わたしたちはすべて同一の生命に属する。なぜなら生命は生命自身の中で異なったものとは成りえないからである。形体には生命の〔顕現〕程度はあるが生命それ自身は非人格的であり、生命みずからの創造(つく)った形体を通じて自分自身を表現する。

46 無限なる父の大いなる智慧は、父御自身の実現のためにあらゆる形体を創造(つく)り給うた。その中にある生命はすべて同一である。それは唯一の根源からのみ流れ出で、その創造り給いしすべての形体を通じてながれ給う。それは最微より最大に到るあらゆる形体の中に顕現してい給う。生命は生命の創造(つく)り給うあらゆる形体に生命自身を顕現しつつあるのである。

47 生命である神霊によらないで存在するようになったものはひとつもない。生命の『顕現』程度は、生命を認め、生命を表現することによって理解される。故に、御自身に似せてわたしたちを創造(つく)り給うた神は、わたしが生命を表現し、生命が神なることを知る程度に応じて、わたしを通して顕現(あらわ)れ給う。

48 神の生命を自分自身の意識において認め、かつ表現することによって、大生命の顕現媒体となる。意識が神の自己表現する点であり、同時にまた自己の裡にまします神我という神を表現する点である。

49 このことをあきらかに自覚するならば、その時こそ大生命そのものの秘密が吾がものとなったのである。

50 自分が肉によるのでもなく、人間の意志によるものでもなく、神なる神我(キリスト)によって生まれたものであることを知る人々以外には、今尚、この真理は大衆に対しては秘められている。




本日も 最後までお読みいただきありがとうございました。

平安と愛と善意のご挨拶を送らせていただきます。

▼続きを読む▼

【神の器とは『神の のしん』となること!?】
 昨日(2014年12月27日)『我が師』の口を通してイエス様から『あなたの師の のしん(ひらがな)となっていれば いずれ我々の のしん となれるだろう』と言われました。でも『のしん』という言葉はどの辞書にも載っていません。それで私は 話の前後から考えて『神の器』になる という事なのだと察しました。

ところで九州の何処かにお住いの『きいたかぽん』様! 菅原文太さんの葬儀が『太宰府天満宮』で執り行われたそうですが、彼は『菅原道真公』と何か縁があるのでしょうか!
 また、彼が帰天する前に残していった言葉を 貴方様は どのように受け止められましたか!?
 
 実は私達、『浪之上稲荷社』は(も)『文太さん』に『後は任せたよ!』・・ と言われてしまったのです。(ちなみに 私達は彼と面識はありません)
 どうも 私の乗っているブルーの軽トラックに『菅原文太さん』からお名前を拝借して『ダイジョウブルンタ』 主に夫が乗るライトバンに『ダイジョウ文太郎』と名前を付けていたことから・・・彼に気に入られたらしいのですが・・・
 そんな訳で・・・、十日程前の12月17日(水)に 師の口を通してイエス様からも頼まれてしまったのです!
 『ある事を…』  えらいこっちゃ!!
【Re: 神の器とは『神の のしん』となること!?】
みどり 小母さま

コメントありがとうございます。

「神の器」のことを真剣に考えていただきましてありがとうございます。

「のしん」の意味はネットで調べましたが、生主(生放送の主人)のことというのがありましたが、正確には分かりませんでした。

何か使命をお持ちのようです、うまくいけばいいですね。

いよいよ今年も終わりです。

良いお年をお迎えください。

寒くなりそうですので、ご自愛いただきますようお願い申し上げます。

来年もよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

きいたかぽん
【『お祝い』が…いただけるの!?】
『きいたかぽん様』 もう2月も半ばですよ・・・お変わりありませんか!?
 さて・・・『菅原道真さま・文太さま』の力添えを『この世』からするようにと『イエス様』から頼まれてしまった、夫と私だけの 小さな『浪之上稲荷山』ですが・・・
 何をどうしてよいのか作戦を考えた結果『軍師・山本勘助』の血を引く私『みどり小母』(旧姓山本みどり)は
・・・『ⅭⅮアルバム』を次々に出そうと決めました。色々なメッセージを込めた歌をみんなで一緒に作って・・大好きな歌もカバーして!
 
 人材も続々と集まって来ました。 
後 必要なものは・・・そうです『軍資金』です。
 どうも、神の『のしん』となった『お祝い』に頂けるようなのです
   『軍資金』が『宝くじ』で・・・
 それも『夫の誕生日』のお祝いも兼ねて!
それが『どんな意味のある数字』なのか、今は皆様に発信できる場所もありません。
 『浪之上稲荷山』は、まだ『ホームページ』ができるような人材もいないのです。
 今は『うんにゃとっとっと』様の『コメントページ』だけが 心ある皆様方への『命綱』なのです。
 
 私の放蕩息子『山口 徹』よ!・・・まだ、生きているのなら、『朝日新聞』を今も配っているのなら、帰って来て手伝ってください。
 面白い実話が満載の『浪之上物語』(みどり小母著)を『シナリオ』にして下さい。世界中に届けられるような『映画』をつくりましょう
 
『イエス様』は『息子は帰ってくる』と、おっしゃるのです。『神主』にはならないけれど・・・と!
 
 私は『必要なものは 必要な時に 神が与えてくれる』と信じて今日まで生きて来ました。
『試練も ご褒美も!』・・振り返ってみれば、そのとおりになっています。

『きいたかぽん』さま! この場を借りての、このような私の無礼をどうかお許しください。
 おすがりできるところが他にないのです。
【Re: 『お祝い』が…いただけるの!?】


コメントありがとうございます。内容は拝読させていただきました。

ですが、みどり 小母 様の個人情報が書かれているのが気になります。

そのまま表示させておいてよいのでしょうか。


【ありがとうございます!】
 夜中に・・・お返事が頂けるなんて・・・感激です!
『個人情報』などと言っている場合ではないのです。
『愛と平和』のために働く者は『神様』が守って下さると信じています。たとえ何が起きようと『それ』を喜んで受け入れる覚悟はあります。
 私は『遠藤周作様系!?・沈黙 踏むがいい派!?』の教会へは行かない、イエスの弟子です。
 この世に怖いものはありません・・なんちゃって派!?

 『きいたかぽん』様
『軍資金が宝くじで「万が一」・・・得られないような事があれば』・・・『その副業』を教えてください!
 
 いいえ・・・万が一にも 得られないなど、あり得ないと、今は信じ切ります!




この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。