FC2ブログ
2018 / 11
≪ 2018 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2018 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


lighthouse
Originally uploaded by john curley





 
 暗くなった世界を照らす灯台のように、わたしの光と愛を映し出しなさい。あなたの心の準備ができて、真実が明らかになるための機が熟したとき、隠されたままのものは何もなくなります。種を植える前には土を掘り起こし、用意をしなければならないように、わたし真理を受け取るにも、あなたの理解と意識には準備が必要であり、レベルを高め、幅を広げておかなくてはならないのです。わたしの真理とは、歴史を通じて秘儀であったのが、人類が新しい時代に入ろうとしているいま、明かされようとしているものです。
 これは、多くの人の人生に大きな変動を引き起こします。それはあまり心地よいものではないでしょう。ふるいにかかられ、選択が行われるあいだは、混沌と混乱が必ず起きるからです。何の苦労も無く新しい時代に入っていくことを予想していた人は、そうはいかないことがわかるでしょう。抵抗せずに流れにまかせていくことで、この過程をさらに速めることができます。あらがうことをせず、力を抜いて、いま起きていることをそのまま受け入れることができれば、出産も楽になるのと同じです。あるひとつのプロセスが起きなければならないこと、近道は無いこと、そして、最終的に新しいものが生まれ、日の目を見る前に、ひとつひとつの段階を通っていかなかればならないのを知っていることが大切なのです。
 宇宙規模の力が解き放たれており、それは日一日と強くなっています。この宇宙的な力の存在に気づき、受け入れるなら、それは偉大な平和と高揚、光と啓示をもたらしてくれるでしょう。それにあらがうと、個人個人の人生だけでなく、世界の状況にも混乱と混沌がもたらされるでしょう。まわりを見てください。すべてはまったくの混乱状態にあります。どの国でも激しい変化が起きています。欲望、嫉妬、憎しみなど、あらゆる種類の社会不安がどこにも蔓延しています。感情も、すべてその激しさを増しています。
 自分をしっかり見守り、大切にすることが肝心です。自分の反応を見つめ、必ずそれが愛のある肯定的なものであることを確かめてください。先頭でたいまつを掲げるものという自分の役割に気づくのです。そしてその重要性を悟りなさい。毎日、皆が一体となり、まわりに光を送るとき、それは不可欠な作業が行われているということなのです。意識してすれば、さらにその効果を増します。光を放つのに費やす時間を、けっして無駄なものと思ってはいけません。一人ひとりが、昼夜を問わず、どんなときでもこの作業をすることができます。一秒たりとも無駄にはなりません。人へ、グループへ、国へ、そして世界へ、意識してこの光を、愛を送りなさい。そしてさらに多くの光と愛を送るのです。その必要性は大きいのです。必要性があるならば、それは満たされなければなりません。
 自分が何をしていようと関係ありません。特定の人、国、あるいは何でもその対象を意識して、そこに愛と光を送ればいいのです。ジャガイモの皮をむいているかもしれないでしょう。庭で土を掘り返していたり、とにかく何百とある、するべきことを何かしているかもしれませんが、いつでもあなたは媒体となることができるのです。二十四時間、あなたは奉仕をしていることを忘れないでください。油断せず、まわりで何が必要なのかを敏感に感じ取るのです。何か必要とされているものに気づいたら、それに応えてあげましょう!
 すべてをわたしのためにしなさい。わたしのために在りなさい。暗闇と化した世界にある灯台のように、わたしの光を愛を投影し、たくさんの人に希望と安心感をもたらすのです。


神は私にこう語った  サンマーク出版
スポンサーサイト

【】
今。その時代が来ているような、急に来たのではなく永劫の中で愛だけに生かされて来て。
今、まさに大いなる世界が、幕を開けようとしているのですよね?
エゴだけに翻弄してきた者は、乱れ、
静かに修めてきた者には、喜びが…。そして、ますますの準備が…。
今の中で常に大いなる父を意識して、目の前に在ることを、共に在る事を放さず在りたい!
無限なる平安に包まれて、愛だけに、在る事が生かされている感謝と、父の子の姿なのに、
何て!弱い私なのか!悲しくなる日々。自分自身に…。
そして、何を掴んでいるの?と言う繰り返しです。
何とか気づいて欲しいとか、何とか調和して欲しいとか、
これを手助けしたら楽になるかも?とかに時として動いてしまう。
つい、又。あんなに、学んだはずなのに!
悲しみと、後悔と交換しているおばかさんです。懲りないおばか!です。はがゆくなって、目覚めてよ!って…。
沈黙の中で、祈ればいいのに…。
黙って成し、黙って祈れば平安の中なのに…。
今日のブログは、愛のメッセージです。
冷たいお水で洗われたみたいに!
何て、愛!今日から、今から、又スタートです。
早く気づいて!は、私のことです。脱皮しないと…。
きいたかぽん様心から感謝します。

【】
そうなんですね?
全知全能の大いなる宇宙の神は、一人一人と生命で繋がっている。
ずっと、最初から…。
今までは、人間様が一番偉くて独断現場みたいな、世の中で。
でも「約束のときがきましたよ~」って、ベルが鳴っているんですね?
「もう、好き勝手もここまでですよ~」
「遊びも、終わりましょうね~?はい、手を洗って!」って。
凄く納得です。
晴れ渡る気持ちです。
絶対なる命の神は、歴然と在りて在られる。
大手を広げて、翼を広げて、待っていてくださり、見守っていてくださり、
なんと言う愛。
愛だらけ。
愛しかない。
心のすべてで、応えたい。
このブログに感謝します。
【Re: 今。その時代が・・・】
ご訪問とコメントに感謝申し上げます。
拝読させていただきました。
わたくしも、全く同じではありませんが、同様の思いをすることがあります。
そのときは、つらいです。が、いつの間にか、元気になっています。

心身の神癒しの中に

第十三話

~汝等は吾が実を結ぶぶどうの樹の枝なり~

わたしはわたしの愛、わたしの平安をあなたたちにもたらす。

1 神の生命を自分の裡なる「キリスト意識」として観よ、そうすれば「わたしは生命である」ということがよく解る。

2 生命は意識である。それは御自身を表現しておられる神である。それ以外には何もないのである。神我(キリスト)が父の一人子である。

3 あらゆるものが存在している世界を支配する神我こそが偉人なのである。このキリスト人は又あらゆる一人々々の人間の中にもある。分離など何処にもないのである。このことが会得されれば、実在の世界にはいかなる分離も差別もなく、全体が斉(ひと)しく一つで完全である、との悟りがどんなに妙(たえ)なるものであるかが解るであろう。

4 聖なる種子の生長があなたたちの中に顕現(あらわ)れつつある。秘められたる営みが進行している。辛胞強く待つがよい。季節になれば果実(み)の成るように、裡なる神我が神の果実(かじつ)、すなわち完成品として咲き出るであろう。

5 たとえあなたたちは解っていなくてもあなたたち一人々々の中で不断の営みが続けられている。〔およそ宇宙には〕停止はないのである。このことは大いなる真理である。人類全体の、到る処、不断に、そして上に向って、動いているものがある。これがあなたたちの中で働いている神我である。


というくだりが有ります。
わたくしは、この言葉に励まされています。

世俗のことで忙しく、コメントのお礼を申し上げるのが遅くなりましたことを、お詫び申し上げます。

平安と愛と善意が人類に留まりますように。

ありがとうございました。
【Re: そうなんですね・・・】
ご訪問とコメントに感謝申し上げます。
とても力強い お言葉に感謝いたします。
愛の色は白色。この白色は、光の3原色の赤、緑、青がちょうどいい塩梅に重なりあった色です。愛の何たるかは解りませんが、感じることはできます。
赤も愛、緑も愛、青も愛です。
本当に、愛だらけですね。
平安と愛と善意が人類に留まりますように。
ご訪問、ありがとうございました。
【】
何時も、心を洗って下さり有難うございます。
そして、心の底からうなづきを下さり有難うございます。
今、手の指を怪我して不自由の中、こんなに一本一本の役目があり、こんなに大切であり、こんなに助けてくれていた事を痛感の日々です。忘れていた事への懺悔です。
神様の中に生かされていて、感謝だけです。喜びだけなのに、勝手に其処から出ているなんて、とんでもないです。
神様の愛は、すみずみです。全て愛の塊です。
隅々に感じて、無限の平安に生きます。
有難うございます。
【Re: 何時も、心を・・】
ご訪問とコメントに感謝申し上げます。

”感謝”という言葉に引っかかって、しまいました。
どんなときに、感謝するのだろうかと。
無言の愛に気づいたとき、振り返りざまに、ニコッとして感謝を表す・・、無言の愛は、帰ってきた温かさと一体感でニコッとする、という感じでしょうか。
感謝は、無知からは生まれません。

平安と愛と善意とともに。

ありがとうございました。
この記事へコメントする















きいたかぽん

Author:きいたかぽん
FC2ブログへようこそ!

某国立大電気工学科卒
制御装置、コンピュータ関連装置の開発経験を経て
独立

自身の ”がん”の手術直前に ”がん”が消えていた体験から
死と直面し、
死ぬときに残るのは”愛”だけと気づき、新しい生き方を探すようになる。

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。